読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふにやんま ー 世界の小所低所からー

http://funiyanma.hatenablog.com/  

‘ロマン’ の二極

夢のようなこと、現実離れしたこを‘ロマン’と言うのなら、過剰な悲惨や残酷も、また‘ロマン’である。

創作の世界に、実社会の倫理観念を持ち込む事ほど、愚かな事はない。

そして同じ❛ロマン❜に属するという点において、優れたホラー作家は同時にリリカルな資質を備えている事が理解できる。

私は日本屈指の短編だと思っているが、筒井康隆の「母子像」など、その典型だろう。

筒井氏はホラー作家ではないが、ロマンの二極を自在に行き来する、圧倒的な筆力の持ち主である事は言を俟たない。

異形(いぎょう)の白昼 (集英社文庫)

異形(いぎょう)の白昼 (集英社文庫)

 

                                                                            以上  ふにやんま