読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふにやんま ー 世界の小所低所からー

http://funiyanma.hatenablog.com/  

2015年 新入社員諸君 データ処理を始めよう

ごく一般的な学生諸君が、会社に入ってまず戸惑うものの一つに、

EXCELを使ったデータ処理があると思う。

「レポートやエントリーシートで、Wordは慣れてるから結構使えるんですけど、

EXCELはあまり…」というのが普通では?

職種を問わず、大量のデータを扱うことに慣れておいて損は無い。

ただし、仕事では万事につけ自己流オンリーでのスタートは禁物。

最低限のデータ処理スキルのガイド本として、最近いいなと思ったのがこれ。 

※2/28号なので、以前だったら「古本を探して」と言うしかなかったのだが、

今は電子書籍があるので、こうして時期外れでも紹介できる。

何度も見返したり、PC画面を操作しながら横に置くには、電書よりも

紙のほうが扱い易いのだが、そこは勘弁して欲しい。

 

新入社員がデスクワークに初めて挑み、エクセル操作の基本を覚え、効率の良い

データ処理をマスターしていくというステップでページが進んでいくのだが、

過剰に専門的でないところがお勧めのポイント。

「覚えておくべき必須5大関数」として、

①IF関数 ②COUNTIF関数 ③SUMIF関数 ④REPLACE関数 ⑤V-LOOKUP関数

が挙げられているのも、妥当な線だと思う。

「ひとりよがりの複雑な関数は✖」「関数の組み合わせは、間違いの素」といった

実際的な注意も、しっかり加えられている。

当然ながら関数だけでなく、ショートカットキー(上司にマウスを取り上げられる

くだりは得心した。そのぐらいしないと、確かにマウス操作癖は抜けない)や、

グラフ作図の基本も網羅しているので、新入社員諸君にはうってつけの一冊。

 

補 : 夏休み明けぐらいかな?少し余裕が出てきたら、この本も読んでみて欲しい。

同じ思想で書かれているので、繋がりが良いはず。

速さは全てを解決する---『ゼロ秒思考』の仕事術

速さは全てを解決する---『ゼロ秒思考』の仕事術

 

 

ちなみにプレゼンテーション(PPTを使うのが普通だと思う)シート作成の機会が

あるなら、私はこの一冊を常に勧めるようにしている。 

伝わる! 図表のつくり方が身につく本 (基礎からわかる“伝わる!

伝わる! 図表のつくり方が身につく本 (基礎からわかる“伝わる!"シリーズ)

 

                                                                                                 以上   ふにやんま