読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふにやんま ー 世界の小所低所からー

http://funiyanma.hatenablog.com/  

ひやおろしの季節がやってきた!

和食党なので、当然のことながら日本酒党です。

一番好きなお酒と、一番飲めるお酒が一致している幸運に感謝。

葡萄などど違って、味わいに個性の乏しいお米(何しろ穀物ですからね)

を原料に、ここまでバリエーションが豊かに出せる日本酒の世界。

先人の努力と歴史に、脱帽です。

 

9月の日本酒の楽しみと言えば、「ひやおろし

日本名門酒会のHPから、引用させてもらいましょう。

 

豊穣の秋に円熟の味わいを

味覚の秋、食欲の秋、
日本酒もいちばん美味しい季節です。
早春にしぼられた新酒も、一夏を超し
ちょうどいい頃合いに熟成し、 味ノリしてまろやかに。
その旨みたっぷりの円熟の味わいを
もっとも引き出してお届けするのが「ひやおろし」。
秋の味覚とも相性抜群の、秋に旬のお酒です。

ひやおろし」とは、江戸の昔、冬にしぼられた新酒が劣化しないよう春先に火入れ(加熱殺菌)した上で大桶に貯蔵し、ひと夏を超して外気と貯蔵庫の中の温度が同じくらいになった頃、2度目の加熱殺菌をしない「冷や」のまま、大桶から樽に「卸(おろ)して」出荷したことからこう呼ばれ、秋の酒として珍重されてきました。

ときは移って現在、日本名門酒会の「ひやおろし」も、春先に一度だけ加熱殺菌し、秋まで熟成させて、出荷前の2度目の火入れをせずに出荷されます。貯蔵の形こそ、タンクや瓶に変わりましたが、その本質は昔と変わりません。

暑い夏の間をひんやりとした蔵で眠ってすごして熟成を深め、秋の到来とともに目覚める「ひやおろし」。豊穣の秋にふさわしい、穏やかで落ち着いた香り、滑らかな口あたり、濃密なとろみが魅力のお酒です。 

 日本酒は1年をかけて熟成していきますが、特に暑い盛りの夏を越えると、大変身。気温の高い夏には急速に熟成が進み、味わいの成分が馴染んで、大きく変化します。旨みが増して、まろみを帯びて、もっともバランスのよい状態に。

その熟成の旨みを、もっともよく伝えてくれるのが、この「ひやおろし」です。穏やかで落ち着いた香りと、濃醇な味わいが特徴です。まさに円熟の味わい。旨みののった秋の味覚とも、相性ばつぐんの美味しさです。

 日本酒には、「生酛造り」「山廃仕込み」といった独特の用語があるにはありますが、あまり気にしていません。

美味しい飲み方だけ、覚えておけばいいかな、と。

分からなければお店の人に聞けばいいし。

秋の味覚に何でもかんでもワインじゃ、料理が泣くというもんです。

 

近所の日本酒の揃ったお酒屋さんに行けば、「ひやおろし予約受付中」

の貼紙の1枚ぐらいはあると思います。

f:id:funiyanma:20150917213511p:plain

そこでお店のおすすめを聞いて、飲んだら感想を言いに行けばいい。

きっと、好みにあわせた次のお酒を選んでくれるはず。

(そうしてくれないお店は、ハズレです。別のお店を探しましょう)

 

ところで、日本酒好きのかたで「生酒がダメ」というかたはいませんか?

私がそうだったんですが、1回も火入れをしていない、完全な生酒の

中に、稀にものすごく後味の悪いものがある事に気づいたんですね。

すごく蔵元に申し訳ない表現をすると、微かにドブのような後味がする。

確かにする。

(ちなみに私は純米酒党で、基本的に吟醸酒大吟醸酒は飲みません)

「生酒は美味しいものが多いのに、なんでだろう?」

そう思って調べたら、「生ひね香(なまひねか)」というのが

あるそうなんです。

ひね=老ね、からきているんですが、保管状態が悪かったり、高温に晒され

続けたりで、劣化してしまった日本酒に発生する「老香(ひねか)」とは

字が同じでも、性質が違います。

大抵の生酒を零度以上で保存していると、2~3日で出るものは出る、

といった感じのようです。

またややこしいことに、「生ひね香」がつきにくい銘柄もあれば、

同じ銘柄の中でも出たり出なかったりで、原因も対処法も、まだよく

分かっていないようなんですね。

 

ただ、調べたところによると、この「生ひね香」に気づく人、しかも「嫌だ」と感じる人というのは 10人に1人ぐらいなんだそうです。

だから問題にならずに「生酒」というジャンルが存在している訳なんでしょうけど。

 

「利き酒」とか全く自信がないですし。特に舌や鼻がいいという訳ではないので、きっと体質によるものなのでしょう。

「冷やだとマスキングされて感じにくい」とも書いてありましたが、私には、燗よりも冷やのほうがクッキリと舌に残ります。

確率的には、感覚的にですが5本に1本ぐらいでしょうか。

飲み屋さんなら銘柄を変えれば済みますが、それでも1杯が惜しい。

まして買ったなら、いやいやながら飲み続けなければいけない。

なので、自ずと生酒を避けるようになってしまいました。

 

まあ、火入れをした日本酒で美味しいものはたくさんありますからね。

あまり困りません。「ひやおろし」でも同じこと。

生秋刀魚の塩焼きと、大根おろしが恋しいなあ。

以上 ふにやんま