読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふにやんま ー 世界の小所低所からー

http://funiyanma.hatenablog.com/  

ブックリストを紹介しよう~新入社員諸君

どこまで続く新入社員諸君シリーズ。5日目に突入です。社会人になれば、こういうしつこいおぢさんとも付き合っていかねばなりません。予行練習だ!新入社員及び内定者諸君(言いにくいな)

 

「ビジネス本」「啓発本」と言われるジャンルを、若い時に1、2年ぐらいは集中して読み込んでおきたいものです。何故か?このジャンルを知る為です。成功する為ではありませんのでお間違えなきよう。

 

このジャンルは本当に玉石混交で、本を書いてはいけないような人の著作が、平気で売られているのも事実です。ジャンルごと否定する意見があるのは百も承知ですが、読まずに語ることなかれです。

玉と石を見定める目を育てる。その為には信頼できるブックリストを基に、まず良書に触れるべきなのは言うまでもありません。

 

更に大事なのは、リストの中から自分で面白そうなものをチョイスするのではなく、理屈抜きに片っ端から読んでみる事。「一冊残らず」全部ですよ。

 

私は一昨年の年末に決心して、すぐに始めました。元々フィクション好きな為、ビジネス本なんて全然読んでなかったのです。これではイカンと。

凝り性なので、去年1年間の読書量は漫画抜きで1,000冊を超えましたね。ビジネス本にはもうウンザリ、というくらい読みました。紹介するリストを完全読破した今は、年間600~700冊ぐらいのペースに落ちていますが。サラリーマンとしては、本ばっかり読んでる訳にはいかないので。こんなもんでしょう。

 

ビジネス書とか自己啓発本のジャンルって、純粋に新しい内容が出てきにくいんですね。最近だと、本当に革新的でオリジナルな理論体系はクリステンセン氏の「イノベーション理論」ぐらいでしょうか。これには驚かされましたが。

 

歳月を超えて生き残っている本は、後発の本に影響を与えたエッセンスを豊富に含んでいます。そういった良書に数多く触れる事は、決してマイナスにはなりません。要は古い本でも、いいものはいいのです。カーネギーの本なんて、未だに著名人が挙げるお薦め本の筆頭格です。

 

 1、各分野のバランスが取れたチョイス

後世に残る仕事。このリスト作成に携わったcourier japon編集部の皆さんに拍手。2010年10月号 初掲載。

雑誌  -courrier japon-     selection

現代を知るための新「世界の名著」

http://courrier.jp/bookguide071/

これを読むだけで普通は1年かかりますから、紹介リストはこれだけでもいいぐらい。「ビジネス本」「啓発本」に片寄らない幅広い選定が嬉しいところ。

でもウェルチとかバフェットとか、名前も知らないのはやはり社会人として具合悪いと思いますよ。

 

2、本田直之氏の推薦本

若干古い本になってきましたが、

レバレッジ・リーディング』本田 直之 の推薦本から。

年月に負けない良書が多く、まだまだイケます。気に入った本の著者の、続編や新作を追う手もありますので。

レバレッジ・リーディング

 

以下、上著からの引用。

原則原理の本10

『人を動かす』デール・カーネギー著(1999)

『道は開ける』デール・カーネギー著(1999)     

『人生を変える80対20の法則』リチャード・コッチ著(1998)   

『ビジョナリー・カンパニー ― 時代を超える生存の原則』  

   ジェームズ・C・コリンズ、ジェリー・I・ポラス著(1995)

『プロフェッショナルの条件―いかに成果をあげ、成長するか』P・F・ドラッカー著 (2000)     

『フォーカル・ポイント』ブライアン・トレーシー著(2009)

『思考は現実化する』ナポレオン・ヒル著(1999)

『よみがえる商人道』藤本義一著(1998)

『信念の魔術』C・M・ブリストル著(1982)

『達人のサイエンス―真の自己成長のために』ジョージ・レナード著(1994)

2006年に読んだ読むべきビジネス書10

「良識の範囲内の引用」を踏まえ、この10冊は意図的に省略させて頂きます。

著書内で紹介された全ての本を記載するのは不適当だと思いますので、ご了承ください。

読んでおくべきビジネス書20

『フリーエージェント社会の到来―「雇われない生き方」は何を変える』ダニエル・ピンク著(2002)

『プロフェッショナルマネジャー』ハロルド・ジェニーン著(2004)

『ドラッカーの実践経営哲学』望月護著(2010)

『口コミ伝染病―お客がお客を連れてくる実践プログラム』神田 昌典著(2001)

『トム・ピーターズのサラリーマン大逆襲作戦〈1〉ブランド人になれ!』トム・ピーターズ著(2000)

『営業マンは断ることを覚えなさい』石原明著(2007)

『大きなケーキは人にゆずろう―お金持ちになるための“母の教訓”』バーバラ・コーコラン著(2003)

『ユダヤ人成功者たちに秘かに伝わる魔法のコトバ』スティーブ・モリヤマ著(2004)

『戦略「脳」を鍛える』御立尚資著(2003)

『財務とは何か』チャック・クレマー、ジョン・ケース、ロン・リッツト著(2001)

『地上最強の商人』オグ・マンディーノ著(1996)

『カネ回りのよい経営―社長の経営革新』井上和弘著(2003)

『儲かる会社の作り方』松井浩一著(2003)

『V字回復の経営―2年で会社を変えられますか』三枝匡著(2006)

『パーソナルブランディング 最強のビジネスツール』ピーター・モントヤ著(2005)

『一冊の手帳で夢は必ずかなう - なりたい自分になるシンプルな方法』熊谷正寿著(2004)

『運のいい人、悪い人―運を鍛える四つの法則』リチャード・ワイズマン著(2004)

『メンタル・タフネス―ストレスで強くなる』ジム・E・レーヤー著(1998)

『影響力の武器―なぜ、人は動かされるのか』ロバート・B・チャルディーニ著(2007)

本の紹介ではなく読み方がメインの著作なので、これで読んだ気にならず、買ってあげて下さいね。沢山引用させて頂きましたので、心からフォロー。

3、UP TO DATE な情報を無料で

『ビジネス書大賞2015 今読むべき、ビジネス書はこれ!』 

ビジネス書大賞2015実行委員会

ビジネス本をドリンク剤に喩えたインタビューが秀逸。日本企業の組織論になっていて、そこだけでも読む価値があります。

余談ですがポーターにはアンチで、ブルーオーシャンとかナンセンスだと常々思っている私は、溜飲を下げました。

ビジネス書大賞2015 今読むべき、ビジネス書はこれ!

ビジネス書大賞2015 今読むべき、ビジネス書はこれ!

 

 

4、土井英司氏のBBM~ビジネスブックマラソン

日刊の、メルマガ形式ですのでお手軽。

「最近読んで良かった本はこちら」という、最下段の5冊は特に注目。

自然科学系の本も紹介される事が多いので、読むジャンルが偏りがちなかたにはお薦めです。ビジネスマンが多い新幹線駅の書店では、明らかにこちらを参考に品揃えしてありますね。

http://eliesbook.co.jp/bbm

 

5、高山信彦氏の推薦する「古典」

競争優位の戦略―いかに高業績を持続させるか    

マイケル・E・ポーター

ブルー・オーシャン戦略――競争のない世界を創造する (Harvard business school press)

 w・チャン・キム、 レネ・モボリュニュ

イノベーションのジレンマ―技術革新が巨大企業を滅ぼすとき (Harvard business school press)

クレイトン・クリステンセン

企業戦略論【上】基本編 競争優位の構築と持続    

企業戦略論【中】事業戦略編 競争優位の構築と持続

企業戦略論【下】全社戦略編 競争優位の構築と持続

ジェイ・B・バーニー

ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則     

ジム・コリンズ

 

リストの本を片端から読んだ結果として、自分の中の『既視感』を基準に、「同じような内容を前に読んだな」「これは新味が無いな」という見極めが出来るようになりました。既知の趣旨の本は途中で読むのを止めればいいので、時間の節約になります。極論すれば、このジャンルは殆ど読まなくて良くなりますからお楽しみに。

ちなみに「全部」と言ったのは、全て自分で買う訳にはいかないので、如何に本を入手するか、新しい知恵が出てくる効果も織り込んでいます。

            以上 ふにやんま