読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふにやんま ー 世界の小所低所からー

http://funiyanma.hatenablog.com/  

多読のコツはこう!~新入社員諸君

昨日はブックリストを紹介しました。今日はどうすればその大量の本を読んでいけるのかについて。

至れり尽くせりを目指す新入社員諸君シリーズ、6日目です。どこまで続くぬかるみぞ。

 私、読んだ本は手帳に書き込むのですが、毎月累計を出す習慣はありませんでした。2014年の正月に計算して初めて分かったこと。2013年は897冊の本・雑誌を読んでいました。

「なんや、もうちょいで大台突破出来たやんけー!」と関西弁でひとしきり嘆いた後、2014年の目標を立てました。
『 897冊なんて通過点だ。夢はでっかく1,000冊いこう!』

ちなみに私は漫画が大好きで、ものすごい量を読むのですが、易きに流れぬ為に漫画は読書数に含めない事にしています。勿論2013年もノーカウントです。

年間1,000冊読破を、2014年11月26日に無事達成した経験を基に、多読のノウハウを紹介します。かなり偉そうですが、やってみれば難しさが分かります。サラリーマンの年間1,000冊は相当キツイですから。なるべく若いうちに始めることをお勧めします。

『多読』には読書時間の確保や速読法(全く知りませんが)も大事でしょうが、最大のツボは「読むべき良書の確保」です。

社会人にふさわしい良質な本を如何に確保するか。それにはノウハウが必要です。下の1、2はそこに充ててみました。

 1、 公立図書館を使う

「なんだ、そんなことか」と思ったあなた、ちょっと待ってください。
自分の街の図書館を、フル活用している自信がありますか?

今、大概の図書館はWEBで図書の予約だけでなく、新着図書の案内や、個人の予約・貸出状況が閲覧できるようになっています。

しかも大きな自治体単位(たぶん同一都道府県内は可能)で、全図書館の蔵書を対象にした横断的な検索と、予約・取り寄せが出来るはずです。確認してみてください。

奪い合いになる話題の新刊も、WEBで入荷をチェックすればいち早く予約出来るし、このブログで昨日紹介したようなブックリスト内の、買えばバカ高いレアな古典的ビジネス本なども、手間をかければ大抵図書館で借りる事が出来るのですよ。

図書館を利用していない人は、早速今から見に行きましょう。

既に利用されているかたは「行って探す」から、WEBを使った「予約主体」に切り替えることを勧めます。読みたい本を受け取って、すぐ帰る!

書架をうろうろ歩き回るのは、時間の無駄だと思うことです。見知らぬ本との素敵な出会いは、2年後ぐらいに好きなだけ求めましょう。
あなたにはブックリストの本が待っているのですから。

2、 有料図書館に加入する

職場の近くに会員制の有料図書館( ほぼ100%ビジネス系ですね )があれば、迷わず入会しましょう。

有料図書館のいい点は「空いてる」「静かで快適」「最新の本が読める」等、
公立図書館では得られないものばかり。

平日が有効活用できるアフター5向けの会員設定があれば、なお良いです。土日はすぐに行かなくなりますから絶対に駄目です。誰が土日に職場の近くや、キーターミナルまで出かけますか?あくまで平日の職場帰りを使いましょう。

「何曜日は読書の日」と決めて飲みに行かなければ、1回分の飲み代でその月の会費は軽く賄えます。安いもんです。

自腹で会費を払えば、その金額分は絶対取り返そうとする、自分のさもしい心をうまく利用するのが試合巧者というもの。

アカデミーヒルズの六本木ライブラリーなんか、WEBを見てるだけで既に賢くなったような気になりますから、是非妄想に浸って下さい。

《会員制ライブラリー アカデミーヒルズ

www.academyhills.com

(職場の近くにそんなのねーよ!というかたは、お許し下さい)
  
3、 電子書籍タブレットを常に持ち歩く

電子書籍タブレットの組み合わせでしか作れない、隙間時間を使った読書という手があります。スマホはあまりに読みにくいので除外。

タブレットならば、タップすれば次のページにとべます。この「めくらなくていい」がポイント。片手しか自由が利かない、満員電車やバスでの移動時間が読書時間に早変わり。行儀は悪いですが、ランチタイムにも箸を使いながら電子書籍をスピーディに読み進めることが出来ます。これを使わない手は無いです。

かさばらないのも魅力。速読家の私は新幹線や飛行機の出張の際、以前は4~5冊持ち歩く必要がありました。仕事の荷物より本のほうが多く、よく笑われたものですが電子書籍で一挙に解決しました。

読書時間の余談ですが、寝る前にベッドライトで延々読書を続けていたら、ひどい肩こりが慢性化しました。仰向けでハードカバーを長時間読むのはやめましょう。とくに40歳以上のかた、椅子かソファーが体に優しいですよ。


4、 家に未読の本を積んでおく。とにかく切らさない。

「読む本がない!」というアイドルタイムを作らない為には不可欠です。出来るだけ、フィクション、ノンフィクションをバランスよく。

私は特にフィクションに「入れ込む」タイプなので、ノンフィクションで頭を冷やしつつ、交互に読むと頭が煮えずに済みました。

同じ作家・ジャンルに固まる傾向がある人は、意識的に異分野に挑戦したほうが良いですね。

いい本を探すには既存のブックリスト以外に、「本の本」をチェックする手もあります。ダ・ヴィンチ』『本の雑誌といった雑誌ならばオンタイムです。

ビジネス誌の巻末には、必ず最新刊の紹介があるのでこれもチェック。

都度メモするのは面倒なので、Amazonの「欲しいものリスト」に「読みたい本」リストを作ってバシバシ放り込んでおくと楽チンですよ。Amazonには本の表紙かバーコードのスキャン機能があるので、5秒ちょいで済みます。

《最後に注意》
数を稼ぎたいが為、中身を吟味せずやみくもに軽い本ばかりを読むのなら、目標設定などやめるべきです。逆に、ブックリストには無いが絶対読みたい!という本を見つけたら躊躇せずに読みましょう。縛られる必要はありません。

私も2014年の夏はスティーブン・キングにやられ、ほぼ全ての翻訳を一気に読んでしまいました。巨匠キングの本は分厚いモノが多く、読書ペースは急降下しましたが、とにかく超絶的に面白いのでまあいいやと。

図書館をうろうろしない、という前言と矛盾するようですが、キングに目覚めてしまったのは不可効力。それで1,000冊いかなくても、あいつに出会った私が悪いのさ。あきらめが付きます。

後回しにしたその本を、未来の私が必ず読む保証など無いのですから。

         以上 ふにやんま