ふにやんま ー 世界の小所低所からー

http://funiyanma.hatenablog.com/  

鎌倉よ何故 夢のような虹を遠ざける

古い話になりますが、TVで金八先生が流行っていた頃のこと。国語の入試問題で、主題歌贈る言葉海援隊(作詞:武田鉄矢、作曲:千葉和臣)の歌詞が使われたことがありました。 名の知れた難関高校だったと記憶しています。

贈る言葉

贈る言葉

 

 暮れなずむ町の光と影の中

誰もが知っている有名な出だしですね。問題はこうです。

「暮れなずむ」とはどういう意味か。分かりやすい言葉で〇〇文字以内で答えなさい。

結構な難問でしょう?虚をつかれたかた、多くないですか。当時の私は勿論分からずに、すぐ辞書を引いたのを覚えています。回答はこんな感じが妥当ですかね。

「日が暮れそうで、なかなか暮れない様子」

 

当時はそこで終わったのですが、おじさんになった今、初めてこの出題に込められた意図と、非常に優れた問題であることに気づきました。

当時『贈る言葉』は、日本中で目茶目茶に流行っていた歌です。ドラマを見れば毎週流れている。卒業式では必ず歌う。この曲を1回も聞いたことがない人、メロディーを全く知らない人、歌詞を部分的にでも口ずさめない人は、殆どいなかったと思います。

それだけヒット曲『贈る言葉』が氾濫している中、何十回、何百回と耳にして、自ら口ずさんでいるはずの「暮れなずむ」というフレーズがどういう意味か疑問を持たない。それは厳しく言えば「知的な怠慢」ですよね。まあ、今だから言えることですが。

 

この問題に答えられる子は、

〇「何故だろう?」「どうしてだろう?」といった疑問を常に持つ姿勢。

〇調べるなり人に聞くなりして、疑問を解決する探求心。

を備えている可能性が高いとは言えませんでしょうか?

大げさに言えば、日頃から森羅万象に対して、知的好奇心を忘れずに臨んでいると。高校に入ってからもきっと伸びるでしょうし、万が一受験勉強に向いていなかったとしても、自分で立派に成長していけるタイプだと思います。

難関校向けの問題集を大量にやりこんできた受験生でも初めて見る。しかも生徒の知的な「素養」そのものを問う。出題者に拍手を送りたくなるような良問ですよね。

 

相変わらずの長いマクラとなりましたが、ようやく今日の本題。

ずっと答えを考えあぐねている歌詞の一節があるのですが。サザンオールスターズのアルバム『KAMAKURA』に収められた名曲、

KAMAKURA

KAMAKURA

 

原由子さんがメインボーカルの鎌倉物語(作詞:作曲 桑田佳祐 編曲:サザンオールスターズ)の出だし。

 

鎌倉よ何故 夢のような虹を遠ざける

これってどういう意味なんでしょうか?

作詞をした桑田佳祐氏ご本人に聞いても、九分九厘「意味なんてないよ」という答えが返ってくるような気はするんです。なんと言っても 『ただの歌詞じゃねえか、こんなもん』の著者でもあるかたですから。

ただの歌詩じゃねえか、こんなもん (新潮文庫)

ただの歌詩じゃねえか、こんなもん (新潮文庫)

 

でもですね、「鎌倉物語」に限ってならば、フレーズの解釈は成り立つと思っています。シングルカットはされていないものの、多くの人にこれだけ愛され続けてきたバラードの名曲で、誰も歌詞に破綻を感じない以上、たとえ後付けと言われようと「このフレーズはこういう風に読み取れるのでは?」という解釈はあり得るはず。多分ですね、私の読解力が足りないだけなんです!(力説するところじゃないか)

ネットで公募とかしたら、万人を唸らせるような解釈が、きっと出てくと思うんですよ。

 

鎌倉よ何故 夢のような虹を遠ざける

どなたか解釈を教えて頂けませんでしょうか。「虹を遠ざける」とは何ですか?そもそも何故「遠ざける」のですか?

もし学校の先生だったら、楽しいので毎年生徒に出題してみるのですが。

 

※歌詞全体はこちらでご確認下さい。

www.kasi-time.com

         以上 ふにやんま