読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふにやんま ー 世界の小所低所からー

http://funiyanma.hatenablog.com/  

『フードトラップ』 食品に仕掛けられた至福の罠

読書

『フードトラップ』 食品に仕掛けられた至福の罠 (2014)

フードトラップ 食品に仕掛けられた至福の罠

フードトラップ 食品に仕掛けられた至福の罠

 

廃棄冷凍カツ横流しとか、食品関連の事件というのはココ最近、絶えずありますねというのはさて置き本書です。新しい本でなくてすいません。

500頁を超える厚さと翻訳本ということで一瞬ひるみますが、決して読みにくい本ではないのでご安心を。

表紙にも「SALT、SUGAR、FAT」とあるように、塩分・糖分・脂肪分の摂取を人間の脳がいかに快楽として受容しやすく出来ているか。早い話「余分3兄弟」(古いかな)がいかに我々をメロメロにするかという内容。

そして加工食品メーカーがいかにそれを戦略的に利用しているかを探求した本です。

 

 

【プロローグ】から

加工食品メーカーが利用してきた塩・砂糖・脂肪は、彼らの手中においては栄養素より兵器に近い。

競争相手を負かすためだけでなく、消費者にもっと買わせるためにも利用される兵器である。 

加工食品に欠かせない3本柱、「食べたい」という欲求の源となる成分だ。塩、脂肪、砂糖。商品をヒットさせるため大量に使われるこの3つの成分は、肥満の急増をもたらした主役でもあった。

塩は、最初のひと口で味蕾に生じる刺激感を増大させるため、さまざまに加工した形で食品に使われる。

脂肪は、カロリーが極めて高いうえ、われわれの食べる量がつい多くなるという微妙な作用を持つ。

そして、砂糖。脳の興奮作用を持つこの成分こそ、おそらく最も恐るべき存在だろう。加工食品の売り上げを支配する成分である。

   

【第1部:糖分】から

実際には、口蓋と呼ばれる口の天井も含めて、口の中全体が糖分に対して狂乱のような反応を示す。

口内には約1万個の味蕾があり、その一つひとつに甘さを感じる特別な受容体があって、それらはすべて何らかの形で脳内の快楽領域につながっている。

われわれは、体にエネルギーを供給すると快楽という報酬が得られるわけだ。

だが、話はそこで終わらない。最近では、食道から胃、そして膵臓でも糖に反応する味覚受容体が発見されている。これらは食欲と複雑に関係しているらしい。  

「甘い食品」=「生存に有利なもの」

このDNA上の設計図が書き換えられない限り、我々は糖分の刺激に対して「もっと食べろ!もっと食べろ!」「おかわり下さい!」というテレビ東京的な反応から逃れられない訳ですね。怖いよう。 

 

【第2部:脂肪分】から

脂肪分には、加工食品にとって糖以上に重要な最後の特徴がある。

脂肪分は、糖分のようにはわれわれの口を爆撃しない。脂肪分の魅力はもっとひそやかなところにある。

脂肪分のふるまいについて科学者たちに話を聞いていて、私は麻薬を引き合いに出さずにはいられなかった。加工食品における糖分が、素早く強力な作用を持つ覚醒剤メタンフェタミンだとすれば、脂肪分はアヘン剤だ。

あまり目立たず、さりげなく作用するが、麻薬としての威力は覚醒剤に劣らない。 

脂肪は糖の2倍という大量のエネルギーを含んでいる。

食物中の脂肪分が多いほど、体は体脂肪として多くのエネルギーを蓄え、将来の栄養不足に備えることができる。

だから脳は脂肪分を大親友だと思っている。

われわれの脳は、十分食べたときに信号を出して過食を防いでいるのだが、脂肪分の場合はこのメカニズムの起動が遅い。

脂肪分は糖分と一緒になるとさらに強力になる。このコンビに出会うと、脳は脂肪分の存在をほとんど検知できなくなり、過食を防ぐブレーキがオフになってしまう。

甘いものは殆ど食べない左党(駄洒落じゃないです)の私ですが「脂肪×砂糖」ツープラトン攻撃の代表格ぐらいは分かります。いわゆるスイーツですよね。バター、生クリームにはこってり脂肪分が含まれているはず。

「ケーキは別腹よ」というのは生理学的根拠がちゃんとあったんだ!と得心しました。

「カレーに砂糖を入れると美味しくなる」「市販のカレールーには砂糖が必ず入っている」というのもここに繋がるのでしょうか?

昨晩カレーだったので、台所にはハヤシライスのルーしかなかったのですが、今見たら原材料表示の上位に砂糖がありました。含有量の多い順に表記する規定の筈ですが、上から「食用油脂(牛脂、豚脂)、小麦粉、砂糖、食塩・・・」と続いています。

「カレーは飲み物」とか言ってる場合じゃないですね、こりゃ。

 

【第3部:塩分】

人間は食塩が大好きと言われても、日本人の食生活だとあまりピンときませんよね?

これは本書の大きな驚きの一つなので、このパートからの引用は控えておきます。

考えてみれば塩分も生存に不可欠な訳で、快楽スイッチが備え付けられていても不思議は無いなと。

 

 

著者紹介によると、マイケル・モス氏はニューヨーク・タイムズ記者。2010年に食肉汚染の報道などでピュリッツアー賞を受賞。1999年と2006年にも同賞ファイナリストに。コロンビア大学大学院でジャーナリズム学准教授。

 

経歴紹介を長々としたのは、この本がいわゆる「疑似科学本」「トンデモ健康本」とは一線を画した、確かな出典と取材、考察に基づいた内容だと思われることを確認したい為です。私は食品の専門家でも何でもありませんので。

「食品安全 至上主義者」の主張とは違い、新聞記者らしく企業側の経済原理にも配慮した、バランスの取れた構成になっています。

センセーショナリズムに基づいた「売らんかな」の本とは位相が異なる一冊です。

 

近年の食品関連で他に印象に残っているのは、フィクションなら

ブラックボックス篠田節子(2013)

ブラックボックス

ブラックボックス

 

週刊朝日』連載の単行本化ということで、ご存知のかたも多いかも知れません。

カット野菜の処理工場を舞台にした「食品汚染」の内容は充分にショッキングです。加えて大資本のプラント野菜栽培進出に伴う、個人農家へのえげつないやり口がまた圧巻です。後者に重点を置いた脚本でドラマ化をすれば、相当いいものが出来ると思うのですが。まずスポンサーが付かないから無理でしょうね。

 

ノンフィクションならば、

『「外食の裏側」を見抜くプロの全スキル、教えます。』  

河岸宏和(2014)

「外食の裏側」を見抜くプロの全スキル、教えます。

「外食の裏側」を見抜くプロの全スキル、教えます。

 

旨みをケミカルに増すのに使われる、「タンパク加水分解物」

これ、原材料表示の義務はあるのですが、素性がかなり怪しいくせに食品添加物扱いではありません。なのでいくら使っても「食品添加物 無添加」「旨味調味料 無添加」と謳えるってご存じでした?

知らないうちに、なんかいろんなモノを口にしてるんだなあと逆に感心します。

成型肉とか、調べるとやはり気持ちがいいものではないですね。

「細かいことを気にしていたら、何にも食べられなくなる」というのも否定はしませんが。

外食に興味があるかたには面白い一冊でしょう。

 

「食の安全」本は、かなり需要が見込めるカテゴリーなので乱発気味です。粗製乱造の情報に踊らされないよう、読み手も注意が必要なのは言うまでもありません。

「ホンマかいな?」と思ったら、極力自分で調べて裏をとることが大事ですね。

ベストセラー買ってはいけない改訂の教訓もありますし。

以上 ふにやんま