ふにやんま ー 世界の小所低所からー

http://funiyanma.hatenablog.com/  

酒の肴を好き勝手に語る

体に悪そうな肴ほど、お酒にあうのは何故なのでしょう?

体に悪いと言っている訳ではありません。あくまでもイメージですから。

今回は加工食品編。

レギュラースパム(SPAM)・ポークランチョンミート 12缶セット
 

スパムがあれば、酒の肴に困ることはありません。料理が出来なくても、とりあえず薄く切って、焦げ目が付くまで焼くだけで美味い。味付けもいりませんし。

卵と相性がいいので、炒飯やチャンプルーによく使われますよね。素麺と卵とスパムがあれば、絡めてサッと炒めていいつまみに。

あとはビール飲み放題!

スパム握りという沖縄のおむすびも美味しいですね。

はまると癖になるB級酒肴のエース。

ただし20%減塩タイプもあるぐらいなので、塩分がかなり高そう。

唯一残念なのは、決して安くはないところ(あれ、塩分は?)

沖縄では日本人向けの味付けの、TULIPブランドのほうが人気だと聞きましたがどうなんでしょう? TULIPは食べたこと無いです。

 

f:id:funiyanma:20150517060017j:plain

出所:霧島酒造」HP  

続いては、うって変わって和の酒肴。九州は有明海の珍味、佐賀県名物「がん漬け」です。こ存じのかたいます?

全国的な知名度は殆どありません。九州でも何それ?と言う人の方が多いです。

がに漬けとも言いますが、シオマネキという小さな蟹を叩いてつぶした唐辛子入りの塩辛です。写真のようにはさみの残った粗いものから、細かいペースト状のものまで、つぶし具合で3ランクぐらいありますね。

伝統的にかなり塩辛いうえ、磯の香りがきつい。地元でも若者はまず食べないと思います。

うちの子供は「捕まえておいて忘れてたカニが、ポケットから出てきたような匂い」と評しました。言い得て妙です。

有明海のシオマネキ激減で、製造量が年々落ちているそうです。お取り寄せは美味しく食べる自信があるかただけにして頂けると助かります(漁業関係者かっ!)

発酵系の酒肴が大好きというかた以外にはお勧めしません。

素人さんが手を出すとヤケドするぜ系の酒肴です。

私はそのまま食べるだけでなく、納豆に混ぜたりお茶漬けにもします。

特に熱を加えると、子供たちが逃げ出すぐらい磯臭さが立ちます。大人の威厳を見せるいい機会です。わはは。

アンチョビみたいに、料理の隠し味に使ってもコクが出るそうです。

 

桃屋 いか塩辛 110g

桃屋 いか塩辛 110g

 

塩辛ついでに言っておくと、加工食品としてのいかの塩辛で桃屋のいかの塩辛」より美味しいものには出会ったことがありません。もう断言します。

なんとか物産展/全国うまいもの祭りとかで、必ずいかの塩辛って山盛りに積んであるじゃないですか。

あれで美味しかった試しが無い。

味はあくどい。色はどぎつい。変に生臭いものばかり。あのピンクの調味液みたいなのが元凶だと睨んでいます。

最近は「料亭風」とか言って、いかの刺身に柚子の風味を付けたような浅漬け?タイプがあるじゃないですか。あれも美味しくないですね。調味液の味が強すぎます。

今まで桃屋より美味しかったのは、釣りをする魚好きの板さんが、趣味で作っていた「裏メニュー塩辛」だけでした。

その板さんは「いかの種類で作り方を変える」と言ってましたから。加工食品では無理なレベルですね。今はその板さんもお店を替わられて、幻の味になってしまいました。残念。

 

ちなみに私、お通しで出来合いの塩辛を出す飲み屋さんは信用しません。

これ、食べてみました?それで美味しいと思いました?と聞いてみたい。聞かないけど。

自分が美味しいと思わないものを、お客さんには出さない。ここは暗黙のうちにお店と共有しておきたいところ。

塩辛でこれだけ熱くなれるのも、愛すればこそであります。塩辛万歳。

 

長崎県名産!「からすみ」(約70g)

加工食品で海の酒肴と言えば、からすみもあります。真空パックで売っていますが、贈答用の方が多いかもしれません。お値段が高いのが難。

塩漬けをスライスして、大根か胡瓜に載せて出てくる事が多いでしょう?こういう盛り付けはすぐに広まってスタンダードになりますね。感心します。

からすみが高いから、カサを増やして見栄えを良くする工夫なんでしょうが、美味しくないですよね。

時間が経つと野菜から水が出てきて、からすみがベチョベチョになって台無し。浸透圧を考えたら、絶対に一緒にしたら駄目な組み合わせでしょう。根本的に合わない。

私は大根の有無を聞いて、外して貰っていましたが、そういうお店は、からすみ自体がまず美味しくないと分かって、頼まなくなりました。

だって、からすみ高いんですよお客さんと言われそうだけど、だったら初めから出さなきゃいい。世の中、安くて美味しいものは他にもいっぱいあるんですから。

からすみで美味しいのは、料理好きの板さんが (またかよと言わないで下さいね。事実だから仕方がないのです) 沖ボラの卵巣ごと仕入れて自分で干して、手間ひまかけて作った自家製に限ります。和食に限りません。こないだイタリアンのちゃんとしたお店で聞いたら、やっぱり自家製でした。

塩漬けよりも、上等の酒粕にじっくり漬け込んだものが好きですね。

よく出来たからすみを戴くと、そもそもこれは加工食品として流通させていいのかな?と疑問に思います。

塩蔵品、保存食だぞ何を言ってるんだ!と叱られそうですが。

でも生もの扱いで、冷蔵でないと出荷出来ないものの方がはるかに美味しいのなら、仕方ないですよね。

 

からすみを自家製で作っているような、物好きの板さんに巡り合えるかどうかは運次第でもあります。

冬になって、お宅のからすみは自家製ですか?と電話して聞いて回る訳にもいかないでしょうし。

大体こういうのは常連さん向けの秘密兵器ですから、一見客には先付かなんかでチョロっと片鱗を見せておしまいです。

やっぱり、いつも言いますが、いいお店に通わせて貰うことが大事です。

 

以上   ふにやんま