読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふにやんま ー 世界の小所低所からー

http://funiyanma.hatenablog.com/  

明日戦争が始まる

読書

『「あの戦争」から「この戦争」へ』 

高橋源一郎(2014) 

本ブログにも、高橋源一郎氏に触れたエントリがあるのですが(あっ開いて読まないでいいですからね。文中に過去エントリ貼るの嫌いなので。挿絵ぐらいに思ってください) 高橋氏の書いた長文は、正直ほとんど理解できていない自信があります。

funiyanma.hatenablog.com

大変な博学・博識で、文学論が得意。本書も『ニッポンの小説』というタイトルで「文學界」に連載されたものの単行本3冊目。決して戦争論ではなく、あくまで小説論、文学論の本です。

しかし3冊目から突然読み始めているところが、高橋源一郎ライトユーザーらしくていいでしょう。よくないか。

まず一文だけ引用。

注釈なしだとキツいですね。ここでいう『あの日』は「9・11」であり「3・11」であり、「8・15」でもあります。

「そして、しばらくたって、『ニッポンの小説』の連載が始まった。その頃、『あの日』と『ニッポンの小説』にどんな関係があるのですかと訊ねられた。

ぼくは、遠くにある異なったものを結びつけるのが、『文学』の仕事だから、と答えた。『あの日』と自分に、どんな関係があるのかもわからないのだとしたら、『あの日』と『文学』に、どんな関係があるのかもわからないのだとしたら、その関係を探ることが、そこに関係を作り出すことが、ぼくたちの仕事だから、と答えたのだった」

うーん。分かるような分からないような。文体も含めて高橋源一郎氏と私、あまり相性が良くない気が昔からしています。好き嫌いじゃなくて、それ以前の分からない。

本書のように厚めのガッシリした本を1冊読み終えても、何か得たものがあったかな?と考え込んでしまうような状態です。

じゃあ読まなきゃいいじゃんという話なのですが、どうにも気になる作家ではあるんですよね。いつかこれだ!という1冊が見つかるのではないかという。

ただですね、高橋氏の地の文ではないところ。即ち引用元はすごく参考になるんですよ。やはり博識ぶりと「いま」の守備範囲が半端ないので。失礼且つ変な読み方ですが。

 

高橋氏のおかげで、気になっていた詩のソースが分かりました。

宮尾節子氏の『明日戦争がはじまる』

なんだ、めちゃめちゃ有名な詩じゃないか、今頃なに?とか言わないでくださいね。おじさんはネットにそんなにどっぷり漬かって暮らしてはいないので。

まいにち

満員電車に乗って

人を人とも

思わなくなった

 

インターネットの

掲示板のカキコミで

心を心とも

思わなくなった

 

虐待死や

自殺のひんぱつに

命を命と

思わなくなった

 

じゅんび

ばっちりだ

 

戦争を戦争と

思わなくなるために

いよいよ

明日戦争がはじまる

 

(宮尾節子「明日戦争がはじまる」)

気になるかたもいらっしゃるでしょうが、「命を命とも」ではなく「命を命と」であっています。念のため。

2007年に作ったこの詩の、ネット上でのあまりの反響の大きさに宮尾氏は困惑し、2014年には「著作権」を放棄すると発言されているそうです。

宮尾節子 on Twitter: "明日戦争がはじまる。 http://t.co/6Mjv2Fkuws"

 

この詩に続く高橋氏の評価を引用。 

この詩を、純粋に「文学」作品として読むなら、いくつかの瑕疵を見つけることはできるだろう。一つ一つの事例が、直截すぎること。その事例の中で扱われることばが、洗練を欠いていること。等々。

 だが、時には、「文学」として読む必要がない、と思うこともある。「文学」の広さとはまた異なった、広い場所が他にあって、詩や小説を、そこまで出かけていって読みたくなることがある。それは、たぶん、「正しい読み方」ではない。けれども、そんな読み方が必要なときもあるのではないだろうか。

ネットの上で、この詩を読んだ人たちが、コピーし、リツイートし、感想を書き込んでいったのは、この詩のことばのどこかに、目を開かれる思いがしたからだろう。

分かるべきところは十分に分かった上での、とても優れた評価だと思います。

ね、やっぱり高橋源一郎氏、気になるでしょう。

 

《読書メモ》

・現代美術の傑作切腹女子高生』『ジューサーミキサー』などは会田誠氏の手によるもの 

美輪明宏には自身の作詞作曲で『祖国と女達(従軍慰安婦の唄)』がある。 

http://www.kget.jp/lyric/146136/%E7%A5%96%E5%9B%BD%E3%81%A8%E5%A5%B3%E9%81%94+(%E5%BE%93%E8%BB%8D%E6%85%B0%E5%AE%89%E5%A9%A6%E3%81%AE%E5%94%84)_%E7%BE%8E%E8%BC%AA%E6%98%8E%E5%AE%8F

 

以上 ふにやんま