ふにやんま ー 世界の小所低所からー

http://funiyanma.hatenablog.com/  

『デッドウォーター』永瀬隼介

『デッドウォーター』永瀬隼介(2002)

デッドウォーター (文春文庫)

デッドウォーター (文春文庫)

 

新刊の在庫が無いので、やむなくKindle電子書籍の方を貼っておきます。

悪魔的な智力と魅力を備えたシリアルキラーが、獄中から人を操っていくという設定は、かのレスター博士をはじめややステレオタイプ化しつつありますが、そこにもう一つどんでん返しを入れてあって、なかなか凝っております。面白い。

人物描写の粗さや竜頭蛇尾の感が否めない最後の展開など、指摘すべき不満もあります。エンタメ路線を意識するあまり、素材を盛り込み過ぎたのも減点要素。奥さんとか政春とか、もう少し丁寧に描き込んだほうが良かったんじゃないのかな?せっかく色々キャラやサイドストーリーを設定したのに、使い切れなかったのね。意気込みは買うけど。

でもノンフィクションライターとしての経験を活かした警察や拘置所内外のリアリティと、サービス精神溢れるシナリオで、最後まで読みきらせる力は十分。

刑務官の人間模様とか、シーンが獄内に偏りがちな中、物語にほど良い厚みを与えています。死刑問題の関連書にはちょびっとだけ目を通しているほうなので、個人的には少し既視感がありましたが。そんなに関心層が多いジャンルではないので、大多数の読者には新鮮だと思います。

なお作者の永瀬氏の他の著作を調べてみたら、意外な一冊を発見。 

ポリスマン (幻冬舎文庫)

ポリスマン (幻冬舎文庫)

 

『ポリスマン』というタイトルに、てっきり警察モノだと思っていたら、なんとプロレス業界の隠語の「ポリスマン」じゃないですか!これは読まねば。なんかレビューも期待感を煽るし。

以上  ふにやんま